「HUB-IBARAKI ART PROJECT 2018-2019」
開催概要


プロジェクト実施・開催期間|2019年3月29日(金)-9月29日(日)
会場|茨木市内各所(プログラムによって会場が異なります)

作家|冬木 遼太郎
発表作品|《突然の風景(Sudden View)》
作品公開発表|2019年5月26日(日)、 茨木市中央公園 北グラウンドにて

テーマ|アートと茨木のひと・まちづくり-「公共/パブリック」を考察する、6か月間のアートプロジェクト

プロジェクト内容|作品制作・発表、トーク、ワークショップ、市民交流の取り組みなど、13種類のプログラムを実施

チーフディレクター|山中 俊広(インディペンデント・キュレーター)
ディレクター|山本 正大(少年企画)
事務局|茨木市文化振興課

主催|茨木市、アートを活用したまちづくり推進事業『HUB-IBARAKI ART』実行委員会


ごあいさつ


『HUB-IBARAKI ART PROJECT 2018-2019』は、まちなかで実施する「アートプロジェクト」として、新たなアートの体験のかたちを提案します。

今年の選定作家、冬木遼太郎が発表する作品《突然の風景(Sudden View)》を中心に、その制作過程から、発表、その後の考察・アーカイブまでの一連の流れに、計13のプログラムを6か月の間に散りばめて実施・開催します。


――― リアルタイムに鑑賞する、たった1日のみの「作品」

今年のHUB-IBARAKIのハイライトとなる冬木の作品《突然の風景》を、リアルタイムに鑑賞できる期間は、6か月間のうちたった1日しかありません。5月26日(日)の発表に向けて、多くの人々に関心を持ってお越しいただけるように、プロジェクトの周知活動、作品発表の特殊な形態についての説明、市民との対話の機会などを、茨木市内で積極的に動き、作っていきます。

近年全国の至るところで開催されているまちなかでのアートのイベントの多くは、作品展示・鑑賞に重きが置かれています。しかし今年のHUB-IBARAKIでは、作品やアートを介して作られる場や状況を大切にしていることが大きな特徴です。むしろ、数多くのプログラムを実施して、6か月間動き続けるHUB-IBARAKIの状況そのものが「作品」と言えるのかもしれません。


――― 「アート/作品」が茨木のまちに作用し続ける6か月間

今年のHUB-IBARAKIでは、作品が出来上がるプロセスを共有する機会と、茨木のまちとアートの関係を様々な視点で考察するための取り組みを、公開のプログラムとして実施します。さらに、全てのプログラムの実施レポートは公式サイトとアーカイブボードで随時公開し、その場に立ち合えない人々とも速やかに現場の動きを情報共有することに努めていきます。

アートの行為が茨木の日常にどのように関与し、影響を及ぼしていくかをその都度確認していく、「アートによる社会実験」として位置付ける6か月間です。


――― 「公共(パブリック)」を考える

冬木遼太郎が制作する《突然の風景》は、公共の場でのコミュニケーションを主題に、公共の場で発表するために計画した作品です。2011年の東日本大震災、そして昨年茨木市内も見舞われた2つの自然災害を機に、コミュニティーや他者とのコミュニケーションのあり方を見直す機運が高まりつつあります。今年のHUB-IBARAKIのプログラムも、アートプロジェクトという公共の場で実施するという前提に向き合い、改めてこのプロジェクトは誰に向けて何を伝えるべきなのかと、本来の意義や目的を再考して構成しています。

冬木とHUB-IBARAKIの双方が提示する「公共」にも、それぞれに考え方の差異があります。むしろ、各々が様々な考えを巡らせるために、一つの答えに留まらない状況を保つことが大切であり、その均衡を作ることができるのがいまのアートの力だと私たちは考えます。


『HUB-IBARAKI ART PROJECT』は、茨木市のまちづくりのためのアートの取り組みです。その前提の中で、アートとまちがよりダイナミックに相互作用を与えあう関係になり、できる限り多くの市民とその場と時間を共有し、多様な価値観を包み込むことのできる6か月間になれば幸いです。


HUB-IBARAKI ART PROJECT チーフディレクター 山中 俊広


〇プログラムスケジュール


〇会場マップ


〇選定作家紹介

冬木 遼太郎[FUYUKI Ryotaro]

1984年富山県生まれ。2008年京都造形芸術大学情報デザイン学科先端アートコース卒、2010年京都市立芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了後、京都と大阪を拠点に活動している。

主な個展に「PRESIDENT」(ARTZONE・京都、2013年)、「Ryotaro Fuyuki solo exhibition」(サイギャラリー・大阪、2016年)、「A NEGATIVE EVAGINATE」 (大阪府立江之子島文化芸術創造センター、2017年) 、「内的相互」(ギャラリー崇仁・京都、2019年)。
主なグループ展に「Making Sense Out of Nonsense」(京都芸術センター、2014年)、「Winter 2017 Residency Exhibition」(NARS Foundation・ニューヨーク、2018年)、「どこでもゲンビ2018」(広島市現代美術館、2018年) 。
2017年、吉野石膏美術振興財団在外研修員としてニューヨークに滞在。

HP:https://ryotarofuyuki.tumblr.com/


◯今回の事業スケジュール

作家公募期間:2018年11月9日(金)から12月17日(月)まで

審  査:2018年12月

制作準備期間:2018年12月下旬から2019年3月28日(木)まで

プロジェクト実施/発表期間:2019年3月29日(金)から9月29日(日)
※ 約6か月間展示をおこない、期間中に関連イベントの開催。

作家公募 審査員:

木村 光佑
版画・彫刻家、京都工芸繊維大学名誉教授・元学長、茨木美術協会会長

雨森 信
Breaker Projectディレクター、大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員

平田 剛志
美術批評

山中 俊広
HUB-IBARAKI ART PROJECTチーフディレクター、インディペンデント・キュレーター


公募・審査講評:

 今年のHUB-IBARAKIの作家公募は、昨年と一昨年の推薦制による公募から一般公募に切り替え、12名の応募が集まりました。約半数が関西圏以外から、世代も20代から70代まで、幅広い方々から応募をいただきました。

 2018年12月25日に、茨木市役所にて4名の審査員による審査会を実施しました。作家選考は、提出された資料を基に、完全合議制で応募者を段階的に絞っていく方法で進めました。

 まずは、提出された全ての応募資料(作品構想、過去の活動実績)を踏まえて、作品構想の実現可能性、独創性、市民・一般の人々との交流度などを判断基準に、応募者を約半数に絞りました。その後、表現傾向が類似している作家・作品構想の比較や、茨木で実施することの必然性などを考慮しながら2名に絞り、最終の選考は満場一致で冬木遼太郎氏を選定しました。

 冬木氏が提出した作品構想では複数の作品が提示され、HUB-IBARAKIの参加への意気込みと、会場に関わらず柔軟性のある作品制作が見込まれる点が、長期間のプロジェクトに適しているとの判断がなされました。さらに、「公共性」のキーワードで茨木を表現するという発想にも高い評価がありました。市民・一般の人々との交流の機会を、共同制作やワークショップ形式で直接的に作り出す手法が他の応募者に目立った中で、交流そのものの概念を作品を通じて客観的に考えるという冬木氏のスタンスに、審査員から共感の声が多く上がりました。一方で、作品構想の実現性に関して、公共の場での発表という点で随所に想定されるハードルの指摘がありましたが、それらを乗り越えていくアートプロジェクトとしての意義が見えること、実現可能になればこれまでと違ったHUB-IBARAKIのカラーが生まれる可能性を有しているという意見もありました。

 近年、まちなかでのアートのイベントが増えていることもあり、同様な場での作品発表を経験している作家が応募者の大半を占めました。一方で、先述の直接的な参加交流型の作品構想や、他所で発表実績のある内容と大きく違いのない作品構想を提出していた作家も目立ち、それに該当する作家は早い段階で選考から外れました。HUB-IBARAKIは一人の作家で展開するプロジェクトであることから、茨木のまちやHUB-IBARAKIの個性を共に考察して作っていこうとする意識の強い提案が求められるべきだと、今回の公募と審査を通じて再認識した機会になりました。

 HUB-IBARAKI ART PROJECTとして初めての一般公募という状況もあり、公募段階で応募者に当方の選考意図が伝わりにくい点が随所にありました。今回の公募と審査、そしてこれからのプロジェクトでの活動を踏まえて、次回以降の公募では当方の活動のスタンスをしっかりと整理して発信することに努めていきたいと思います。

HUB-IBARAKI ART PROJECT チーフディレクター 山中 俊広