ABOUT

ABOUT HUB-IBARAKI ART PROJECT

「HUB-IBARAKI ART PROJECT」は、「継続的なアート事業によるまちづくり」 を主題としたアートプロジェクトを実施します。

茨木市に暮らす人々が、アート作品・アーティストとの交流を通して、アートの本質的な魅力である「表現の豊かさ/美しさ」「探求心」に触れて、その体験をそれぞれの日常の中へ還元していくことのできるアートプロジェクトを目指します。作品単体で完結することなく、アーティスト自身も作品を介して積極的にまちに関与することによって、まちの環境を継続的に育てていくことのできる作品・展示の提案を求めます。


主催:茨木市、アートを活用したまちづくり推進事業『HUB-IBARAKI ART』実行委員会


◯これまでの茨木市のアート事業

茨木のまちを見渡すと、様々なパブリック・アートが設置されています。近年では、現代美術作家・ヤノベケンジ《Sun Child》(2011年度)、彫刻家・名和晃平《Trans-Ren(Bump,White)》(2012年度)が恒久設置されました。2013-15年度の『HUB-IBARAKI ART COMPETITION』、2016-17年度の『HUB-IBARAKI ART PROJECT』では、長期間の展示を実施し、これまで延べ12組の作家が茨木市のまちに彩りを添えてくれました。