アートを活用したまちづくり推進事業「HUB-IBARAKI ART PROJECT 2017-2018」は、アートを活用した地域の芸術文化の発展に貢献することを目的としたアートプロジェクトです。選定作家は美術家の稲垣元則氏でした。

本プロジェクトは、「公の場での展示」「長期展示」「まちや人との交流を持てるような作品の選定」を条件として作家・作品を選定、制作依頼しております。アートを媒介とし、人と人との対話が生まれることで、永続的な地域の活性化へ繋がるネットワークの中心「HUB」のような存在となることを目指します。

2016年度までは市役所を含めた複数の公共施設に展示を行ってきましたが、2017年は公共施設を飛び出し「民間の店舗」を活用したアート作品を2018年3月30日(金)〜9月30日(日)まで展示しました。たくさんの皆様にご参加いただきました。

アーカイブでは、展示された作品の紹介、プロジェクトプロセス、論評など、プロジェクト・エキシビションを進行する中で、生まれた出来事をまとめました。

今後も随時更新されていきます!


プロジェクト概要

地域の芸術文化の発展に貢献することを目的とした大阪府茨木市のアートプロジェクトです。(アートを活用したまちづくり推進事業)


選定作家

稲垣 元則 Motonori Inagaki

前身のプロジェクト『HUB-IBARAKI ART COMPETITION』の初年度の選定作家である茨木市在住の美術家:稲垣元則氏が選定されました。


プロジェクト期間

2017年より作家選定・決定〜作品プレゼンなどの準備期間を経て2018年より制作開始。準備期間、制作期間、展示期間をあわせて約1年2か月のプロジェクトとなりました。


作品展示エキシビション期間

2018年 3月30日(金)〜9月30日(日)夜間限定公開

日没から日の出まで(およそ19:00〜翌5:00)季節によって公開時間が変動しました。


作品展示会場

サワラギヤ

〒567-0888 大阪府茨木市駅前四丁目2-31


2017年度選定作家

稲垣 元則  Motonori Inagaki

1971年京都市生まれ。1994年大阪芸術大学美術学科卒業。1992年よりドローイングを開始。以後、現在に到るまで、同一のサイズ・紙へのドローイングを日常的に継続。ドローイングの行為と考えをベースに、写真・映像作品を制作。事象の観察により、物事の背後や周辺にある存在を問いかける作品を制作。関西を中心に個展・グループ展にて多数発表。近年は各地のアートプロジェクト等にも参加。パブリックコレクション:東京オペラシティアートギャラリー、国立国際美術館

作家オフィシャルサイト

http://motonoriinagaki.com/

Facebook

https://www.facebook.com/motonori.inagaki


会期中に展示された作品

作品タイトル:「The Light」

展示期間:4/30〜5/29

作品タイトル:「The Light」

映像タイトル:「Withered flowers」

展示期間:5/30〜7/27

作品タイトル:「The Light」

映像タイトル:「18」

作品タイトル:「The Light」

映像タイトル:「Drawing」

展示期間:7/27〜9/12

作品タイトル:「The Light」

映像タイトル:「Drawing」

展示期間:9/12〜9/30

展示会場


号外