「HUB-IBARAKI ART PROJECT 2020」

プロジェクト活動再開!


先般の新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の発出に伴い、4月上旬より対外的なプロジェクト活動を中断していましたが、6月16日(火)より茨木市内でのプロジェクト活動を再開しました。

プロジェクト期間は9月13日(日)まで延長し、未開催のプログラムは昨今の状況を考慮して、日時および実施形態を変更して実施します。詳細が整い次第、公式サイトとSNSでご案内いたします。

---

今年のHUB-IBARAKIは、東京在住の写真家、永井寿郎さんと共に、永井さんの作品《FIXATIF 2020-特別な場所》の発表を軸としたプロジェクトを、3月28日(土)から7月12日(日) 9月13日(日)までの間、茨木市内各所で繰り広げます。

昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、当初の計画が大きく変更となりながらも、直前まで実現可能な形式を模索してきました。現状では感染拡大の懸念を考慮して、市内各所で進めていく大半のプログラムは非公開での実施となりますが、活動の経過・報告は公式サイトとSNS、阪急茨木市駅前のソシオ-1 茨木ビル2階のショーウィンドウで随時発信します。


Instagram

Instagramの写真を取得できませんでした。